節約したいが読書もしたい。一挙両得を叶える節約読書術を紹介します。

Uncategorized
#image_title

当サイト「book-salon.net」は、Amazonアソシエイト・プログラムを含むアフィリエイトプログラムに参加しています

ECサイトで中古本を買う

最近ではamazonや楽天、ヤフオクやメルカリなど多くのECサイトで中古本が販売されています。

新品で購入するよりもはるかに安い価格で購入することが可能なので本の購入費を節約する方法としては最もおすすめな方法だと言えます。

ECサイトで中古本を買うメリットは在庫状況が分かること、実際にお店に行かなくても全国の中古本販売店から本を購入出来る点がメリットと言えます。

しかし当然ながら本代の購入費用に加えて送料が掛かったり、中古本なので本の状態を実際に確認出来ない為、状態の良し悪しは手元に届かないと分からない点はデメリットと言えます。

店舗で中古本を買う

ECサイトで中古本を買う方法の他に、ブックオフなどといったリアル店舗で中古本を購入することも本の購入費用の節約に繋がります。

店舗で購入する場合は送料が掛からない為、本の購入費用にかかる総額は最も安く抑えられる可能性が高いです。

ただECサイトのように中古本の在庫状況はデータ化されていない店舗が多いので、自分が欲しい本があるかどうかはお店に行かないと分からないデメリットもあります。

しかし実際に本の状態を確認出来るので綺麗な中古本を選ぶメリットや、お店の中で試し読みしたり他にお気に入りの本を見つけられる宝探し的な楽しみもあります。

図書館で本を借りる

本の購入費用を最も節約出来る方法は図書館で本を借りることです。

図書館は読みたい本を借りて読み終えたら返すだけで、利用料は無料です。

もし読みたい本が図書館に無い場合はリクエストも出来ます。

「カーリル」というサイトを利用すると

日本最大の図書館蔵書検索サイト「カーリル」
カーリルは全国7,400以上の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に横断検索できるサービスです。

全国の図書館の蔵書検索が、図書館に行かなくてもスマホやPCでできます。

カーリルは民間運営ですが、蔵書情報を提供している図書館が7400施設多超と多く、サイトデザインがポップで見やすく、操作も簡単なので、図書館初心者さんでも簡単に本が探せます。

カーリルからワンストップで本が届くわけではなく、目当ての本が見つかったら、それぞれの図書館のシステムに従って予約、利用します。

図書館本のデメリットとしては、当たり前のことですが、本は借り物なので返さなければならないこと、汚損してはいけないこと、返却期限があるのでその期限内に読み終えないといけないこと、人気の本は順番待ちになることですね。人気本の順番待ちは、カーリルのような検索サービスを利用すると少しは解消できるかもしれません。

ブックカフェを利用する

ブックカフェとはその名の通り、カフェのようにコーヒーや紅茶を楽しみながらじっくりと本を読む時間を楽しむ場所です。

図書館と違い、利用するには利用料が掛かりますが入場時に利用料を払えば施設内にある本が読み放題、飲食禁止の図書館とは違い飲食を楽しみながら読書を堪能出来ます。

図書館ほど本の量はありませんが、ブックカフェオーナーのセンスや趣味に基づき厳選の本が置いてあるので今まで自分が読まなかったカテゴリーの本でお気に入りの1冊に出会えたりする楽しみもあります。

利用料が掛かることはデメリットにもなるかもしれませんが新しい本との出会いに加えて読書という同じ趣味を持つ人との出会いもあります。

いい雰囲気の中、軽食や飲物と一緒に読書が出来るので図書館ほど神経質にならずリラックスして読書を楽しめるところがおすすめです。

電子ブックサイトを利用する

電子ブックサイトを利用することで、本によっては、書籍を購入するよりも格段に節約できます。

多くの電子ブックサイトでは月額定額制のサービスを提供しており、一定の料金を支払うことで数千冊もの書籍を読むことができます。

また、電子ブックサイトではセールや特別キャンペーンを定期的に開催しており、お得な価格で多くの書籍を購入できます。

電子書籍は保存スペースを取らず、持ち運びも便利、ダウンロードした本をスマホやパソコンなど好きなデバイスで読めるのも魅力で、節約だけでなく便利さも兼ね備えています。

デメリットとしては、無料本に目当ての本がない、電子ブックのサブスクを契約したけどほとんど利用しなかった、一作目だけ無料だったのに二作目も無料と勘違いしてポチってしまったなどがあります。

とはいえ、分野としては雑誌やコミック、ハウツー本が多いので、そうした分野に興味がおありなら、電子ブックで無料、サブスクから探してみてはいかがでしょうか。何か趣味を始める前に入門本を無料やサブスクから探してみるのもいい方法かと思います。

電子ブックのサブスクは初回お試し無料のサービスがありますし、解約もしやすくなっています。

上手に利用すれば節約ができそうです。

まとめ

紙の良さ、電子ブックの良さと一長一短があります。ブックカフェで思いもよらない本に出会ったりするのも本好きの醍醐味。節約しながらも読書ライフをお得に楽しみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました