読後の後味の悪さがくせになる!イヤミス3大女王の一人【湊かなえ】さんのおすすめ作品5選

おすすめの本

イヤミスとは小説を読んだ後の後味が悪く、嫌(イヤ)な気持ちで終わるミステリー作品のこと。あまりいい印象を持たれない方もいると思いますが『イヤミス』小説を一度味わうと結構くせになってしまう方が多いんです。本記事ではそんなイヤミス作家、湊かなえさんの作品をご紹介します。

『告白』 湊かなえ

生徒に幼い娘を殺された女教師は、娘を死に追いやった犯人を見つけ出し、冷酷な復讐に動き出します。

淡々と復讐を進めていく女教師と、追い詰められていく生徒たち…。女教師からの復讐によって徐々に狂っていく生徒たちの様子が臨場感たっぷりに描かれています。

この作品の面白いところは物語の描き方です。

一人称で読者に語りかけるようにして展開していくのですが、各章で一人称となる人物が変わっていきます。ある時は女教師の視点から、またある時は生徒の視点から、目まぐるしく視点が変わりどんどん惹きこまれていく作品です。

追い詰められていく生徒と常に冷静な女教師とのコントラストが、復讐の恐ろしさをより際立たせます。

ミステリー好きの方にはぜひ一度読んで頂きたい作品です。

映画化された『告白』も原作に忠実で完成度高いのでおすすめです

『白ゆき姫殺人事件』 湊かなえ

とある化粧品会社に勤務し、美人で評判の三木典子が何者かに殺害された。

物語は殺害された三木や、容疑者として名前があがった三木の同僚を知る人物からの証言を軸に進んでいきます。週刊誌の記者である赤星雄治はそんな関係者からの証言をもとに事件の真相を探ろうとしますが…。

感想としては読み終わると「あー、そうきたか…」と思わず唸ってしまう作品です。

作中では容疑者とされる同僚がネットや週刊誌に特定され、あらゆる憶測が飛び交っていきます。ネット上の匿名での誹謗中傷や、事実であるかなど度外視して広まっていく噂話など、現代の問題とリンクした部分に考えさせられる内容です。

幼い頃からこのネット社会が当然のように存在する若い世代の方たちには、ぜひ読んで頂きたい作品のひとつです。

原作『白ゆき姫殺人事件』を映像でどのように表現するのか気になって観ましたが「なるほどな~」と思って作品を楽しむことが出来ました

『リバース』 湊かなえ

お気に入りのコーヒーを飲むことが唯一の楽しみである平凡なサラリーマン、深瀬和久。

彼は行きつけの喫茶店で越智美穂子という女性と出会い、ささやかな幸せを感じながら過ごしていました。しかしある日美穂子のもとに「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が届きます。

深瀬は心の奥に閉ざした大学時代の過ち、親友であった「広沢」の死について美穂子に打ち明けることに…。

「広沢」の死を軸に大学時代の出来事や当時の仲間たちにふりかかる様々な事件が展開され、「過去の広沢の死の真相」と「現在巻き起こる事件の真相」が同時進行で明らかになっていく作品です。

ラストはさすが湊かなえさん、という展開で後味の悪い終わり方…。最後の最後でドンッと突き落とされるような感覚はクセになります

本作品はドラマ化されました。主人公の深瀬を藤原竜也さん、ヒロイン役を戸田恵梨香さんが演じ、その他、玉森裕太さん、小池徹平さん‥等、豪華キャストがドラマ版『リバース』を盛り上げています

『豆の上で眠る』 湊かなえ 

結衣子と万佑子は2つ違いの姉妹。

ある日姉の万佑子は、まだ遊びたりないという妹の結衣子を置いて先に帰路につきます。その道中で万佑子は忽然と姿を消し、見つからないまま2年が経過。

2年後、結衣子の前に突然「万佑子」が戻ってきます。しかし、結衣子は2年ぶりに会う姉の姿に疑念を抱き…。この人は本当に「万佑子ちゃん」なの?疑う妹の結衣子に対し、この子は間違いなく万佑子だと言い張る母。

結衣子が抱いた疑念は正しいのか、間違っているのか、誰が本当の姉なのか…。物語は何とも複雑な結末を迎えます。

湊かなえさんらしい、救いようのないラストが後を引く作品です。

イヤミス女王、湊かなえさんらしい足下から崩れ落ちるような衝撃のラストを堪能できます

『Nのために』 湊かなえ

タイトルにある「N」とは一体誰を指すのか、物語を読み進めていくとあらゆる解釈ができる非常におもしろい作品です。

物語の主人公は小さな島で生まれ育った杉下希美。両親と弟の4人で幸せに暮らしていた希美ですが、父親が愛人を自宅に連れ込んだその日から彼女を取り巻く環境は目まぐるしく変化していきます。

冷静さを失い壊れていく母親、島を出てからも希美の周囲で巻き起こる事件…。

壮絶な人生ながらも「N」のために考え、行動し生きる希美の強さや優しさ、時には弱さを随所から感じられます。

ミステリーだけではなく切ない愛もテーマとなった内容なので、ミステリー好きの方にも、恋愛ものがお好きな方にもおすすめしたい作品です。

本作品は先程ご紹介した『リバース』と同様にドラマ化されています。ドラマ化されている『Nのために』も見事です。面白いのでおすすめしたいですね

関連記事

特集記事

TOP