男目線だから面白い!男性作家による愛・手紙・旅などをテーマにした小説特集。

Uncategorized

当サイト「book-salon.net」は、Amazonアソシエイト・プログラムを含むアフィリエイトプログラムに参加しています

本記事では男性作家による男性目線の愛や手紙、旅などをテーマにした小説をご紹介します。男性の方は共感したり気持ちが分かることも多く、思わずページをめくる手も止まらなくなる作品に出会えるかもしれません。

「痴人の愛」 谷崎潤一郎

譲二は15歳のまだ未熟で世間知らずなナオミを一流の女に育てようと、妻として迎えます。

譲二はナオミを自分好みの女にしようと思っていたものの、ナオミは成人すると遊びほうけ、描いていた女とはかけ離れた女になります。

自分好みの女にしようとするどころか、ナオミに翻弄され譲二の生活も堕落していくという哀しい物語です。

かなり前に書かれた小説ですが、今にも通じるものがあります。純文学の中でも読みやすい文章です。

ナオミの貴婦人を真似しようとするが、下流が出てしまう独特の話し方が印象的です。ナオミはこれぞ魔性の女という代表格な気がしました。

当時、ナオミのような魔性の女を「ナオミズム」と呼ぶくらい大ヒットした作品ですよ

「レター教室」 三島由紀夫

男女5人の手紙のやり取りだけで小説になっている不思議な構成です。

年齢、仕事も異なる5人が繰り広げる、怒りや喜び、妬み、嫉妬、恋模様などが豊かに表現されています。

本当に三島由紀夫さんが書いたのかと疑ってしまうほど読みやすく、ユーモアに溢れています。

今は携帯ですぐにメッセージが送れますが、届くまで数日かかる手紙も待つ間のいじらしさが味わえて楽しいなと感じました。何十年かしてから読み返すと、また違う登場人物の視点で読めそうです。

三島由紀夫さんに抵抗がある人に是非読んでほしいです。彼の印象ががらっと変わると思います。

なんだか人の手紙をこっそりのぞき見している気分になりますよ

「明け方の若者たち」 カツセマサヒコ

「明けかあの若者たち」、この小説はまず、タイトルと装丁の美しく、印象的な本。というのが個人的な感想です。

ストーリー的には、今の若者たちそのものを描いていて、友人の話を聞いているかのようなリアルさがあります。

内定のもらった会社に憧れて入社したのにギャップに悩まされ、本気で初めて人を好きになり忘れられなくなったり、激務の末会社を去って行く同期。気怠い空気感とどこか懐かしさがあり、流行の言葉で言うと”エモい”そのものです。

誰もが新入社員時代を思い出し、主人公に共感できるところがたくさんあるのではないでしょうか。

物語は10章に分かれていて、章の文体が特殊文字で本にマッチしていてこだわりを感じます。

ぜひ映画化してほしい作品の一つです。

とにかく読みやすいので本を普段読まない方も是非読んで欲しいです。男女関係なく若者の心にすーっと入ってくる1冊です

「旅のラゴス」 筒井康隆

2200年前に高度文明を持ち込んだが、うまくいかずなぜか逆に原始に戻ってしまった世界でラゴスが南北を旅する物語です。

論理的思考のもつラゴスが旅中での出会いや再会、命の危機にあったり、不思議な世界にとびこんでしまったりと飽きさせない旅を描いています。原始的な世界での旅の中で、現代社社会への異議を盛り込んでいる所は筒井康隆さんらしさが出ています。

一言で言うと面白い。

ページ数は多くないですが、世界を1周してきたかのように読みごたえがあります。

冒険し続ける姿は男のロマンが詰まっているように感じました。男性にお勧めの1冊です。

「ブロードアレイ・ミュージアム」 小路幸也

路地裏のブロードウェイにある小さな博物館が舞台の物語です。

90年代のニューヨークでお洒落な感じが漂っています。

この博物館にはユニークなキューレーター達が働いていて、物に触れると人の悲劇を見てしまう不思議な少女フェイも住んでいます。フェイの人懐っこくて、活動的でな所が可愛らしいです。キューレーターの人の話に親身になりお節介なところは微笑ましいです。

読後感はほんわかな気持ち、温かな気持ちになります。

ドタバタとした事件が起こり、みんなで解決していくおとぎ話のミュージカルを覗いているような気持ちになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました