猫好きさん必読! 「吾輩は猫である」だけじゃない、猫が語り手の小説5選

おすすめの本

猫の鋭い観察力と探求心が冴えわたる小説を紹介します。猫好きさんにお薦めするのは、猫が語り手として活躍する小説です。人間とはひと味違う目線で描かれる世界に新鮮な感覚になること間違いなしです。

#image_title

「ゆきの山荘の惨劇」柴田よしき

猫を主人公にした猫好き必読の推理小説「猫探偵正太郎」シリーズの1作目。猫探偵正太郎の同居人、桜川ひとみは、作家仲間の鳥越の結婚披露パーティーに招待され、人里離れた「ゆきの山荘」に、正太郎と編集者の糸川とともに向かう。ひとみが鳥越に頼まれたのは、毒殺されること?? わざわざ鳥越裕奈が人里離れた山荘で結婚パーティーを開いたのはわけがあった。

毒殺、土砂崩れ、転落死と次々と起こる事件に増えていく死体。正太郎の推理とは?

人里離れたゆきの山荘で作家仲間の結婚披露パーティが開かれる。飼い猫の正太郎を連れてやってきた桜川ひとみだったが、土砂崩れで山荘は孤立。そして次々と事件が。毒死、転落死と相次ぐ不審死は事故か殺人か。猫探偵正太郎が幼馴染の犬サスケ、美猫のトマシーナとともに真相に迫る。人間の会話を理解する猫探偵正太郎が大活躍するシリーズ第一弾。

うちの子もすごいタイミングでスマホ触っているのを

邪魔してきたり、パソコンの上を歩いたりするので

ほのぼのしながら読んでました。

死体の数は多い?ですが、猫が出てきて和むっていう

不思議な感覚の小説です。

表紙の猫が可愛くてふてぶてしく、一目ぼれして手にとりました。

人間はこういう風にみられているのか?と新鮮な感覚で読みました。

軽いタッチで読みやすかったです。

Coming Soon

関連記事

特集記事

TOP