お茶やコーヒーを片手に読みたい。ほっこりとした気分になれるおすすめの小説を紹介します。

大衆文学

本の有名な賞といえば新人作家大賞の芥川賞とベテラン作家大賞の直木賞というものがあります。

大衆文学といっても聞き慣れないのでよく分からないと思いますがイメージ的には大衆の興味を惹きつけるようなストーリー性を重視した小説と思ってください。

直木賞はそんな大衆文学を主に対象とした賞ですが今回は直木賞などに選ばれそうな作品をモアブックで勝手に5つ選びましたので小説に一歩踏み出せないでいる方はこの機会に手にとってみてはいかがでしょう。

2019年の本屋大賞作品【そして、バトンは渡された】

著者:瀬尾まいこ

優子は15年の間に両親が母が2回、父が3回も入れ替わるという変わった家庭環境で育っています。

両親の離婚や死別の経験は暗かったり問題を抱え曲がった人生になりそうですが、優子は幸運なことにそれぞれの両親から愛情をいっぱい受けて育ちました。

親が変わる度に、得た価値観や人づきあいは優子の心を優しく、大きくしていきます。

現実離れした設定ですが、運命のすべてを受け入れる優子に、差し伸べる大人たちの手の温かさが伝わってきてじーんときました。優しさが血の繋がりを超えて優子の幸せになっているのだと思います。

ぽっと温かい気持ちになれる物語。寂しさを感じている人にお勧めです。

ほのぼのとした気持ちになれる癒やし的な【和菓子のアン】

著者:坂木司

和菓子が好きな杏子(あんこ)がデパ地下の和菓子店「みつ屋」でアルバイトを始めます。

接客中に起こる小さな謎を解決し成長していく物語です。

みつ屋の店長や同僚は見た目とギャップがあり、とても個性的で楽しいお店です。

和菓子について背景や歴史の説明があり、和菓子の奥深さを感じました。百貨店の裏側も垣間見れて、お客さんとのやり取りが微笑ましいです。

私もお客さんとしてみつ屋に行きたくなりました。ずっとみつ屋と杏子を見守っていたくなりました。

季節と共に素敵な和菓子が沢山でてきて、この本を読むと普段洋菓子派の人もきっと和菓子を買いに行きたくなると思います。

カフェ・喫茶店で読むおすすめの【院内カフェ】

著者:中島たい子

総合病院の中にあるカフェでアルバイトをする店員とカフェに訪れる人たちのお話です。

お客さんとしてやってくる人は患者さんや病院スタッフ、お見舞いに来た人、通院帰りなど様々です。病院なのになぜかそこのカフェだけは穏やかな空気が流れています。

難病を持った人、介護をしている人、不妊治療をしている人などそれぞれ悩みをかかえていながらもあたたかいストーリになっています。

カフェ店員とお客さんとの距離感が近すぎず、遠すぎずとても心地がいいです。

著者の中島さんの文章は癖がなくさらさらと読めますので、最近疲れたな、ほっこりしたいなと思った方にお勧めです。

直木賞の候補作品にも選ばれた一冊【マジカルグランマ】

著者:柚木麻子

かつて女優として活躍した正子が70代を超えて再活動するのですが、演じた「理想のおばあちゃん像」をプライベートをきっかけに壊していしまいます。

世間の批判を受けながらも、開き直った正子は自分らしさを全開に出し、パワフルぶりが発揮されていきます。

住んでいた洋館をお化け屋敷にして、お化け役をかってでたり、少しもじっとしていない正子にとても元気をもらえます。

物事のステレオタイプを外してみることも世界が広がって楽しいなと思わせてくれます。

元気が欲しい方はぜひ手にしてみてください。単行本の表紙も鮮やかな黄色と正子のイラストで元気いっぱいです。

読み終えた後の余韻が心地良い【手のひらの音符】

著者:藤岡陽子

主人公の水樹はデザイナーとして勤めていた会社に45歳で服飾業撤退と聞かされ人生の淵にたたされます。

仕事に今まで注ぎ込んでいた中で、足をとめて人生を見つめ直すきっかけが訪れます。

幼馴染や高校生時代の仲間との葛藤やいじめ、貧しさゆえの不平等は胸が痛くなりました。

辛い経験をしながらも、前に進み成長してきた水樹たちから、人生をもがきながら生きていくことを教えてもらった気がします。

昔を振り返り、人との繋がりを大切にしながら、また歩き出すことが人生には必要な感じがします。苦しく辛い内容も多いですが、最後は美しく終えてくれるので、清々しい気持ちなれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました